HTTPステータスコードの確認方法

post-hero-image

HTTPステータスコードとは

HTTPステータスコードは、HTTPにおいてWebサーバからのレスポンスの意味を表現する3桁の数字からなるコードである。 (引用元:httpステータスコード - Wiki)


3桁の数字の意味について代表的なものを紹介します。



閲覧したいWebサイトに他の数字が表されていた場合にはHTTPレスポンスステータスコード - MDNから数字の意味を確認してください。

HTTPステータスの確認方法

ここからはWebサイトを管理するエンジニア向けの説明です。

各ブラウザからネットワーク通信時のステータスコードを確認する方法を紹介します。

Google chromeの場合

  1. 確認したいWebサイトを開きます。
  2. 開発者モードを開きます、F12を押します。
  3. Networkタブを押します。
  4. F5(MacはCommand+r)で更新します。



Microsoft Edgeの場合

  1. 確認したいWebサイトを開きます。
  2. F12を押して開発者モードを開きます。
  3. ネットワークを選択(隠れている場合は▼を押して「ネットワーク」を選択)
  4. Ctrl+r(Command+r)で更新



Firefoxの場合

  1. 確認したいWebサイトを開きます。
  2. F12を押して開発者モードを開きます。
  3. ネットワークを選択(隠れている場合は>>を押して「ネットワーク」を選択)
  4. ステータスコードが表示されていなければCtrl+r(Command+r)で更新